ビタブリッドCフェイスとボディ用ビタブリットCスキンの比較と選び方のコツ

HOME > ビタブリッドCフェイスとボディ用ビタブリットCスキンの比較と選び方のコツ

ビタブリッドCフェイスとボディ用ビタブリットCスキンの比較と選び方のコツ

ビタブリッドCフェイスとボディ用ビタブリットCスキンの比較と選び方のコツ

ビタブリッドCは、@コスメでも話題となっています。

このビタブリッドCには、顔用とボディ用の2種類があります。

顔用とボディ用は内容が違うのでしょうか。

やはり、それぞれ使い分けた方が良いのでしょうか。

気になったので、調べてみました。

すると、実際にメーカーに直接問い合わせをしたという方のサイトに辿り着きました。

その方のサイトを拝見すると、以下のように書かれていました。

ビタブリッドCフェイス(顔用)は、純粋に生のビタミンCを肌にダイレクトに送り込める商品となっており、多くの化粧品に使われているビタミンC誘導体のような人工的に作られたビタミンではないということです。

生の純粋なビタミンCを化粧品に入れることは難しく、多くの化粧品はビタミンC誘導体という形にして配合しているのですね。

それをビタブリッドCフェイスは純粋に生のビタミンCを配合することを実現させたのです。

普段使われている化粧水にビタブリッドCフェイスを混ぜて使用できるので、使い勝手も変わらず、ビタミンCを補給できるので、保湿効果や美肌効果が高まり、化粧品を慣れないものに変えるというデメリットもありません。
ビタブリッドCフェイスの口コミ!シミ・シワ改善効果の理由

次に、ボディ用ビタブリッドCスキンは、『アランダイン』という成分がプラスされています。

これは、鎮静効果や殺菌効果を高める成分となっているので、アトピーなどでお悩みの方は、皮膚を整える効果として、役立つのではないかと思います。
ビタブリッドCスキンでアトピー改善効果とその理由

2つの商品の違いは、以上です。

ですから大きな違いはありませんね。

顔とボディの両方に使いたい場合は、顔用を全身に使うと良いですね。

他の化粧品などでもそうですが、ボディ用を顔には使いませんよね。

ボディ用には、アランダインが配合されているというお話をしましたが、アトピーにも効果的ですが、ステロイドなどで治療を受けている場合は、ビタブリッドCを使用する前に、お医者さんに相談してからにしてください。

問題ないようでしたら、治療を受けながら併用も可能です。

ビタブリッドCで、お肌の悩みを改善へと導きましょう。


ビタブリッドCフェイス公式サイト↓



  ビタブリッドCスキン公式サイト↓

 

PAGE TOP